ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更できるのか?23cと25cの違いとは?

以前は23c以下の細いタイヤをロードバイクに装着することが多かったのですが、最近では25cのタイヤが主流になっています。そのため、ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更できるのかと考える方も少なくありません。本記事では、ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更することや、23cのタイヤと25cのタイヤの違いついて紹介します。

Sponsored Links

ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更できるのか?

ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更できるのか,23cと25cの違い,画像

結論から言うと、メーカーによって規格が異なる場合があるので、100%大丈夫とは言い切れませんが、大抵は23cのタイヤを装着していたロードバイクのホイール(リム幅15c)に25cのタイヤを装着することができます。

700×25cのタイヤの適正リム幅は17cなので、リム幅15cに25cのタイヤを履くと多少は見た目が悪くなったりますが、それほど気になるものでもありません。

Sponsored Links

ロードバイクのタイヤは、以前は23c以下の細いものを使用することが一般的でしたが、最近は25cのタイヤが主流になっています。ですから、ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更できるのかと疑問に思う方がいらっしゃるようです。

最近は「ETRTO」という欧州のタイヤとリム標準規格で統一しつつあるので、タイヤとリムが同じ規格のものでしたら交換できます。たとえば、700×25cは、ETRTOで「25-622」と表記します。

23cのタイヤと25cのタイヤの違い

ロードバイクのタイヤは、細くて空気圧が高い方が軽い力で進むということは間違いないのですが、これは競技場のトラックのように平らな地面を走る場合の話です。

実際にロードバイクが走るのは、表面が凸凹したアスファルトの上なので、細くて空気圧の高いタイヤで走ると、路面の凸凹でタイヤが弾んでパワーロスしてしまいます。これが理由で、23c以下の細いタイヤよりも、適度に太い25cくらいのタイヤの方が転がり抵抗が低いので軽く進みます。

Sponsored Links

23cのタイヤよりも25cのタイヤの方が転がり抵抗が低いという違いの他に、空気圧の高い23cのタイヤよりも、程良く太い25cの方がクッション性が高いので乗り心地が良いという違いもあります。特にカーブする際はタイヤが太い方が安定します。

23cよりも25cの方が重量が重くなるというデメリットもあるのですが、最近のタイヤは素材や構造が改良されているので、25cのタイヤでも昔よりは重量が軽くなっています。

700×25cのタイヤ

created by Rinker
パナレーサー(Panaracer)
¥2,600 (2024/05/29 01:48:55時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

ロードバイクの適正身長ギリギリの時は大きめと小さめのどっちを選ぶ?メリットとデメリットを解説!

自転車のサドルのネジが回らない!六角レンチで回す方向は?

アナゴ釣りの仕掛けにケミホタルは必要?ケミホタルの位置や色は?

ダッチオーブンのシーズニング不要はお手入れ不要ではない!久しぶりに使う時は使用前に洗剤で洗う!

ボディボードのリーシュコードの付け方!腕と手首のどっちに付ける?