ロードバイクは車道を走るのが怖い!後方の車を確認できるリアビューレーダーを紹介!

ロードバイクで車道を走行する際に、後方から大型車が接近してきて怖い思いをしたという経験はありませんか?そんな時は、後方の車を確認できる「リアビューレーダー」があると安心です。

Sponsored Links

ロードバイクは車道を走るのが怖い

ロードバイク,車道,怖い,後方,車,リアビューレーダー,画像

ロードバイクなどの自転車は、道路交通法上は軽車両扱いになるので、車道と歩道の区別がある場所では、車道を走ることになります。

しかし、車道を走る時は、後方からトラックやバスなどの大型車が近づいてくると、非常に怖いものです。特にロードバイクに乗り始めたばかりの初心者は、車道に出るタイミングすら不安に感じるものです。

後方から来る車に最も注意しなくてはいけないのは、車道の端に停車した車をロードバイクで追い抜く時です。この時は、ロードバイクが車道の中央に近づくことになるので、後方からの車を確認しないと危険です。

Sponsored Links

そんな時に「リアビューレーダー」があると、後方から接近する車を知らせてくれるので、とても便利です。リアビューレーダーは、ミリ波レーダーという電波を照射することで、後方から近づいてくる車を検知し、ペアリングしたサイクルコンピューターやスマートフォンなどの画面で車の接近を知らせてくれます。

リアビューレーダーを使用しても、最終的には目視で確認してから停車している車を追い抜くわけですが、リアビューレーダーがあると事前に車の動きを把握できるので安心感があります。

後方の車を確認できるリアビューレーダー

リアビューレーダーは、各メーカーから様々な製品が販売されていますが、やっぱり有名ブランドだけあってガーミン(GARMIN)のリアビューレーダーは高性能です。

他のメーカーのリアビューレーダーには、ガーミンよりもバッテリーが長時間持つのものもあるのですが、リアビューレーダーの肝心なところはセンサーの性能です。

自動車でも衝突防止のコーナーセンサーが誤作動して、何も近づいていないのに、アラートが鳴ってしまうということがよくありますが、同じようなことがロードバイクのリアビューレーダーでもあります。

ですから、ロードバイクのリアビューレーダーを選ぶポイントは、ミリ波レーダーの性能が良いものを選ぶということです。リアビューレーダーが頻繁に誤作動していたら、本当に危険な時に役に立ちません。

Sponsored Links

ここで紹介しているガーミンのVariaシリーズのリアビューレーダー「RTL515」は、すでに愛用されているサイクリストも多く、信頼性が高い製品です。RTL515は、後方から接近してくる車の台数や速度を、ペアリングしたサイコンやスマホの画面で確認することができます。

ガーミンのEDGEシリーズのサイコンでしたらペアリングは簡単ですし、スマホでも無料の専用アプリを介してペアリングすることが可能です。

RTL515には、バックライトが組み込まれているので、後方から近づいてくる車に、自分の存在をアピールすることもできます。同シリーズのRVR315にはバックライトが付いていませんが、その分、価格が安くなっています。

サドルの後ろやシートポストにリアビューレーダーを取り付ける際には、Varia用マウントを使用します。Varia用マウントには様々な形状のものがあるので、ご自身のロードバイクに合ったVaria用マウントを選ぶと良いでしょう。

ガーミン Varia リアビューレーダー「RTL515」

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥29,700 (2024/05/29 11:31:09時点 Amazon調べ-詳細)
PR

ガーミン Varia リアビューレーダー「RVR315」

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥22,000 (2024/05/29 11:31:10時点 Amazon調べ-詳細)
PR

ガーミン Varia用マウント

Sponsored Links

おすすめの記事

自転車のCO2ボンベで入れると空気が抜ける理由は?おすすめの電動空気入れはコレ!

ロードバイクのタイヤを23cから25cに変更できるのか?23cと25cの違いとは?

キャンプ場の灰の処理・炭の処理!可燃ゴミとして処理されたその後はどうなる?

ヘダイ/キビレ/クロダイの違いや見分け方

サーフボードの浮力がありすぎると?適正浮力表はあくまで目安!