自転車のチェーンが空回りする原因は?チェーンが伸びると外れやすい!

自転車の走行中にチェーンが空回りして、ペダルがガクンと滑ってしまうことがあります。この症状が現れる主な原因は、チェーンが伸びていることが考えられます。チェーンが伸びると外れやすくなるので、早急に交換する必要があるのですが、チェーンだけの交換では解決しないことがあるので注意が必要です。

Sponsored Links

自転車のチェーンが空回りする原因は?

自転車,チェーン,空回り,原因,伸びる,外れやすい,画像1

自転車のペダルを強く踏み込むと、チェーンが滑って空回りする時は、チェーンが伸びてることが原因の1つとして考えられます。

自転車のチェーンは、複数の金属プレートをピンで連結した構造になっており、このチェーンとスプロケット(歯車)が噛み合うことで、ペダルを踏み込んだ力を車輪に伝達しています。

長年自転車を乗っていると、チェーンが摩耗することで伸びるという現象が起こります。自転車のチェーンは、複数の金属プレートで構成されていますが、長年自転車に乗っていると、このプレートをピンで連結している部分が摩耗してしまうのです。

Sponsored Links

プレートの連結部分が摩耗すると、連結するために刺さっているピンの穴が大きくなり、それによって緩んだ分だけチェーンが伸びてしまいます。これが原因で、チェーンとスプロケットが噛み合わなくなり、自転車の走行中にチェーンが空回りしてしまうのです。このことを自転車のメンテナンス用語で「歯飛び(はとび)」と言います。

チェーンは汚れていると劣化しやすいので、定期的に洗浄する必要があります。洗浄の方法については以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

自転車のチェーンのサビ防止!汚れはサビの原因!チェーンの簡単洗浄方法を紹介!
自転車に乗っていて、なんだかペダルが重く感じることはありませんか?意外と見落としがちな原因が、自転車のチェーンのサビや汚れです。チェーンがサビついていることが原因で、ペダルがスムーズに動かなくなっていることがあるのです。 チェーンは、自転車...

チェーンが伸びると外れやすいので早急に交換!

自転車,チェーン,空回り,原因,伸びる,外れやすい,画像2

自転車のチェーンが伸びると外れやすくなるので、定期的に交換する必要があります。ただし、チェーンが伸びているということは、それに合わせてスプロケットも摩耗していることが多いです。

チェーンだけを新品に交換しても、摩耗したスプロケットの歯車と噛み合わないので、チェーンの空回りがもっと酷くなる恐れがあります。ですから、その場合は、必要に応じてスプロケットも交換する必要があります。

Sponsored Links

自転車のチェーンの寿命は走り方にもよりますが、大抵は走行距離3000km~5000km程度が交換頻度の目安です。スプロケットの交換頻度は1万km程度が目安なので、チェーン2回交換につき、スプロケット1回交換するくらいが目安になります。

自転車の走行中にチェーンが外れるととても危険です。チェーンが空回りする場合はそのまま放置せずに、早急にチェーンの交換と、必要に応じてスプロケットの交換も行うようにしましょう。

自分で交換できない場合は、販売店などに依頼すると良いでしょう。その時にチェーンの交換だけではなく、スプロケットの摩耗具合も見てもらうと、チェーンの空回りの予防になります。

チェーン

スプロケット

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,364 (2024/07/13 09:31:27時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

自転車の後輪がガタガタ左右に動く時はハブ軸のロックナットが緩んでいないかを確認!

ロードバイクのタイヤの正しい向き!タイヤが外れない時はどうする?

シェラカップが熱い!熱くないのはアルミ・ステンレス・チタンのどれか?

サビキ釣りの上カゴと下カゴの違いや使い分け

イカ釣りでエギの色は関係ない?使い分ける必要あるの?