カーボンシートポストは傷よりもズリ落ちや割れに要注意!

ロードバイクのメンテナンス時に、シートポストを抜き取ってみると、思いのほか傷が付いていることがよくあります。カーボンシートポストは高価なものもあるので、どうしても傷が気になるという方がいらっしゃるようです。本記事では、カーボンシートポストに傷が付く原因と、ズリ落ちや割れ対策について紹介します。

Sponsored Links

カーボンシートポストの傷は気にしない?

カーボン,シートポスト,傷,ずり落ち,割れる,画像

ロードバイクなどに使用されるカーボンシートポストは、炭素繊維に樹脂を浸透させたもので、表面にはクリアコーティングが施されています。

シートポストは自転車のサドルの下にあり、シートチューブと呼ばれるパイプの中にシートポストが差し込んだ状態で、シートクランプの締め付けによって固定されています。

シートクランプの締め付けが緩いと、段差のある道路を走行した時に、カーボンシートポストがズリ落ちて傷が付くことがよくあります。また、メンテナンスの際にカーボンシートポストを強引に抜き取ろうとすると、擦れて傷が付くこともあります。

Sponsored Links

ただし、傷が付くといってもカーボンシートポストの表面のクリアコーティングが剥がれる程度です。そもそもシートチューブに隠れて見えない部分に傷があるので気にしないでも良いと思いますが、高価なカーボンシートポストを使用されている方は、気になる方もいらっしゃるようです。

しかし、カーボンシートポストとシートチューブの接触部分は、どうしても小さな傷ができてしまうものです。傷よりもむしろ、カーボンシートポストのズリ落ちや割れに注意が必要です。

お手頃価格のカーボンシートポストでも軽量タイプのものがあるので、カーボンシートポストは傷が付くものと思って、コスパの良いものと交換してみるのも、解決策のひとつではないでしょうか。

カーボンシートポスト

カーボンシートポストのズリ落ちや割れ対策

カーボンシートポストのズリ落ちを防ぐためには、シートクランプで締め付ける必要があるのですが、カーボン製のパーツを強く締め過ぎると割れる恐れがあるので、カーボンシートポストをあまり強く締めることはできません。

アルミ製のシートポストでしたら、8ニュートンで締め込んでも大丈夫ですが、カーボンシートポストは6ニュートン程度が限界です。それ以上強く締め付けると割れる可能性があるので、滑り止め用のグリスを使用して補強します。

Sponsored Links

滑り止め用のグリスには、ザラザラした微粒子が配合されており、この微粒子がカーボンシートポストの表面に引っ掛かることでズリ落ち防止になります。

そのため、滑り止め用のグリスを使用すると、どうしても微細な傷が付きます。傷が付くからといって締め付けを緩めると、むしろ逆効果です。滑り止め用のグリスを塗ったカーボンシートポストがズレると、それが原因で傷が付きやすくなので、カーボンシートポストはトルクレンチを使って規定トルクで締めて固定するようにしましょう。

滑り止め用のグリス

created by Rinker
Finish Line
¥1,523 (2024/07/14 06:39:28時点 Amazon調べ-詳細)
PR

トルクレンチ

Sponsored Links

おすすめの記事

ロードバイクのサドルからパキパキきしみ音!シートポストからカチカチ異音がする原因は?

自転車の低いハンドルをコラム延長で高さ調整する方法

ホットサンドメーカーの洗えるものと洗えないもの!洗いやすい構造のものがおすすめ!

ヘダイ/キビレ/クロダイの違いや見分け方

サーフポンチョ(お着替えポンチョ)は薄手で速乾のマイクロファイバー素材がおすすめ!