グレ針とチヌ針の違い

磯や堤防からのフカセ釣りのメインターゲットになるのは、「グレ(メジナ)」と「チヌ(クロダイ)」になるわけですが、これらの魚は口の大きさや硬さに違いがあるため、使用する針の性質も異なります。本記事では、グレ針とチヌ針の違いについて解説していきます。

Sponsored Links

グレ針とチヌ針の違い

グレ針,チヌ針,違い,画像1

グレ針とチヌ針の大きな違いは、グレ針よりもチヌ針の方が針のサイズが大きいということです。

グレは体が大きいわりには口が小さいので、大きい針に食いつくと口の中で針が当たって、すぐに吐き出してしまいます。ですから、グレを狙う場合は、比較的小さいグレ針を使用します。

Sponsored Links

小さくて軽いグレ針は、刺し餌を水中で漂わせながら釣ることができます。グレは表層から中層にいる魚なので、海面から餌を漂わせながら落としていく釣り方が有効です。

それと比べてチヌは口が大きくて硬い魚なので、大きくて丈夫なチヌ針を使用します。チヌ釣りは海底近くを狙うのが基本なので、大きくて重い針を使うことができます。

チヌ針の「ヒネリ」とは?

グレ針,チヌ針,違い,画像2

チヌ針はグレ針と違い、「ヒネリ」と呼ばれる独特の形状の針があります。ヒネリとは、針の軸に対して針先の角度が捻じれている針のことを言います。

ヒネリは、チヌ針に多く見られます。チヌの口はとても硬いので、針にヒネリがあることによって、チヌの硬い歯に針が当たっても、針先が滑って引っ掛かりやすくなっています。

ヒネリの方向は右ヒネリと左ヒネリの2種類の針があり、潮が左流れの場合は右ヒネリの針が有効で、潮が右流れの場合は左ヒネリの針が有効です。ただし、あまりにも潮の流れが速い場合は、餌が安定しないで外れやすくなるので注意が必要です。

Sponsored Links

チヌ針やグレ針のパッケージに記載されている「半スレ」というのは、通常の針よりもカエシが小さい半スレ針のことを言います。半スレ針は、刺さりやすく外れにくいので使いやすい針です。ちなみに全くカエシが無い針のことは「スレ針」と言います。

口太グレを狙う場合は、4・5・6号くらいのグレ針がおすすめです。尾長グレを狙う場合は、7・8号くらいの大きなグレ針じゃないと針を飲まれる恐れがあります。チヌ針は、2・3号くらいのチヌ針が使いやすいです。

グレ針

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥397 (2024/07/13 09:15:16時点 Amazon調べ-詳細)
PR

チヌ針

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥346 (2024/07/13 09:15:16時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

カワハギ釣りの集魚板(集寄)の効果!メリットとデメリットを解説!

メバル・カサゴ・タケノコメバルの違いや見分け方

ロードバイクの置き場所がない時は縦置きスタンドで収納!

キャンプ用耐熱グローブ(革手袋)の洗濯!臭い時のお手入れ方法を紹介!

スノボのブーツとビンディングが合わない!相性の良い組み合わせとは?