自転車のブレーキレバーが戻らない・硬い原因

自転車のVブレーキ本体のアームにはバネが付いているので、ブレーキレバーを握ってから離すと、バネの力でブレーキレバー広がった状態に戻りますが、何らかの原因によって自転車のブレーキレバーが戻らないことがあります。

また、ブレーキレバーが硬い状態になって、なかなか握れないこともよくあります。今回は、自転車のブレーキレバーに、このような不具合が起こる主な原因について紹介します。

Sponsored Links

自転車のブレーキレバーが戻らない原因

自転車,ブレーキレバー,戻らない,固い,原因,画像1

自転車のブレーキの仕組みを簡単に説明すると、まずは、ブレーキレバーを握るとワイヤーが引っ張られて、Vブレーキ本体のアームが動き、タイヤのリムを挟み込んで車輪を止めています。

自転車のブレーキレバーが戻らない場合は、「ブレーキレバー」「ワイヤー」「Vブレーキ本体」のいずれかに何らかの原因があるはずです。

たとえば、自転車が倒れた際に、地面とぶつかってブレーキレバーが曲がってしまうことがあります。ブレーキレバーが破損すると、ワイヤーをスムーズに引っ張ることができないので、自転車のブレーキレバーが戻らない原因になります。

また、ワイヤーが劣化して伸びていたり、あるいはワイヤーが切れている場合は、自転車のブレーキレバーを握っても上手く戻りません。

Sponsored Links

自転車のブレーキのワイヤーは、アウターケーブル(またはアウターワイヤー)と呼ばれる管の中を通っています。ワイヤーが錆びていると、アウターケーブルの中で引っかかって、ブレーキレバーが上手く戻らないことがあります。

Vブレーキ本体の調整が上手くいってないことも、自転車のブレーキレバーが戻らない原因になります。Vブレーキのアームのバネの力で動かなかったり、調整が不十分でブレーキが片効き状態になってたりすると、自転車のブレーキレバーは上手く戻りません。

ブレーキワイヤー

自転車のブレーキレバーが硬い原因

自転車,ブレーキレバー,戻らない,固い,原因,画像2

自転車のブレーキレバーが硬い原因は、ブレーキレバーをぶつけて変形していたり、Vブレーキ本体のアームを広げるためのバネが強過ぎるなど、様々ことが考えられますが、頻度の高い原因の1つとしてワイヤーの不具合が挙げられます。

ワイヤーがスムーズに動いていれば、ブレーキレバーは軽い力で握ることができますが、ワイヤーがどこかで擦れているとブレーキレバーが硬く感じます。

ワイヤーが擦れやすい部分は、アウターケーブルとブレーキレバーの接続部分や、アウターケーブルとVブレーキ本体の接続部分です。

Sponsored Links

アウターケーブルが短過ぎて接続部分が急激に曲がっていると、内部のワイヤーに負荷がかかるので、スムーズに動くことができません。また、アウターケーブルの接続部分が外れていると、ワイヤーが擦れてなかなか動かなくなるので、ブレーキレバーが非常に硬い状態になります。

ですから、ブレーキレバーが硬い時は、まずはアウターケーブルの接続部分が外れていないかを確認することが大切です。

アウターケーブルの接続部分が外れていないかを確認したり、ワイヤーに潤滑剤を塗る程度でしたらDIYでできると思いますが、壊れたブレーキレバーやワイヤー、Vブレーキ本体などの交換は、自転車の知識がないと難しいです。

自転車のブレーキシステムは、安全に走行するために重要な部分なので、自己判断せずに販売店などで点検・修理を行うようにしましょう。

潤滑防錆剤

created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥1,855 (2024/02/26 12:56:45時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

ロードバイクのタイヤの正しい向き!タイヤが外れない時はどうする?

自転車のペダルの異音(パキパキ・コツコツ・ギシギシ・キーキー)漕ぐとガクン・カクンと引っかかる感じの時は?

スキレットを錆びたまま使うと?目玉焼きがくっつく時はどうする?

シュラフは身長ギリギリサイズはNG!寝袋が大き過ぎる時はどうする?

ナマズは目が悪い!ルアーは何色がいいの?