スキレットを錆びたまま使うと?目玉焼きがくっつく時はどうする?

鉄製スキレットは、使用後にそのまま放置すると、すぐに錆びてしまいます。スキレットを錆びたまま使うと、人体への影響は大丈夫なのでしょうか?また、スキレットをそのまま使うと、目玉焼きなどの食材がくっつくことがよくあります。スキレットの錆付き防止や、調理中に食材がくっつかないようにするためには、事前にシーズニングを行う必要があります。

Sponsored Links

錆びたままのスキレットを使うのは大丈夫?

スキレット,錆びたまま使う,目玉焼き,くっつく,画像1

結論から言うと、少量であればスキレットの錆が体内に入っても大丈夫です。100%鉄製のスキレットの錆は、鉄そのものなので、鉄分を含む食品と同じで、少量の摂取であれば問題ありません。

スキレットの錆は酸化鉄なので、スキレットの表面が空気に触れるだけで錆びます。錆を防ぐためには、スキレットの表面に油を塗ってコーティングする「シーズニング」という作業を行う必要があります。

また、スキレットに料理を入れたままにしたり、スキレットに水分がついた状態で放置すると、錆び付く原因になるので注意しましょう。

Sponsored Links

スキレットの錆取り方法

スキレットが錆びてしまったら、まずは錆びた部分を強火で熱して、錆を炭化させます。その後、スキレットを冷ましたら、真っ黒になった錆をタワシで擦り取ります。

スキレットの錆が取れたら、重曹を振りかけてナイロンタワシを使って、スキレット全体をやさしく磨きます。磨き終えたら、重曹をお湯で洗い流します。

最後にシーズニング作業を行って錆を予防しておきましょう。使用後にシーズニングを行えば、目玉焼きなどがスキレットにくっつくことはありません。次では、シーズニングのやり方を確認していきましょう。

Sponsored Links

スキレットに目玉焼きがくっつく時はどうする?

スキレット,錆びたまま使う,目玉焼き,くっつく,画像2

鉄製スキレットをそのまま使うと、目玉焼きなどの食材がスキレットにくっついてしまうので、事前にシーズニングを行う必要があります。

シーズニングとは、鉄製スキレットを油でコーティングして、食材が焦げ付きにくくすることを言います。

購入して間もないスキレットには、錆止めのコーティングが施されているので、まずは、スキレットを空焼きしてコーティング剤を浮き上がらせて、洗剤で洗い流します。(※スキレットを加熱すると取っ手も熱くなるので、火傷しないように注意しましょう。)

洗い終わったら、再びスキレットを空焼きして、完全に水分を飛ばします。そして、クッキングペーパーに油を染み込ませて、スキレットに油を塗っていきます。(※オリーブオイルはニオイが付くので、使用する油はサラダ油の方が良いです。)この時、スキレットの内側だけではなく、外側や取っ手の部分も、隅々まで油を塗るようにしましょう。

全体的に油を塗り終わったら、再びスキレットを加熱し、表面から煙が出てきたら、火を止めて冷まします。1.油を塗る、2.加熱する、3.冷ます、という3つの工程を3~5回くらい繰り返すと、シーズニングの作業は完了です。

スキレットの洗い方

料理をした後にスキレットを洗剤で洗うと、せっかくコーティングした油が落ちてしまうのでNGです。

スキレットを料理で使った後は、お湯とスポンジで洗います。料理が焦げ付いた部分は、水と重曹を入れて加熱し、焦げを浮き上がらせてから取ります。

洗った後は、スキレットを加熱して、水分をしっかり飛ばしてからシーズニングを行い、錆の予防をしておきましょう。

おすすめのスキレット

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,091 (2023/09/25 19:41:25時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

ポップアップテントの洗い方と乾かし方(干し方)

バーベキュー(BBQ)!子供に人気の簡単おすすめメニュー

ロードバイクのタイヤの正しい向き!タイヤが外れない時はどうする?

「ぶっこみ釣り」と「ちょい投げ釣り」の違いは?投げ釣り禁止の場所ではどうする?

出世魚ブリの呼び方やブリとヒラマサの違い!冬の保存食「塩ブリ」とは?