スノーボードのソールのワックスが白くなる!ザラザラに毛羽立つ原因は?

シーズン終了してから久しぶりにスノーボードをケースから出してみると、ソールのワックスが白くなっていることがよくあります。ソールを触ってみるとザラザラした毛羽立ちがある場合は、そのままの状態で使うと滑りが悪いのでメンテンナンスが必要です。

Sponsored Links

スノーボードのソールのワックスが白くなる

スノーボード,ソール,白くなる,ざらざら,毛羽立ち,原因,画像

買ったばかりのスノーボードや、シーズン後のスノーボードのソールには、酸化膜ができていることが多く、これが原因でソールのワックスが白くなることがよくあります。

そのままワックスを塗り足しても酸化膜が原因でワックスが浸透していかないので、サンドペーパーやブロンズブラシ、ファイバーテックスなどを使って酸化膜を取り除く必要があります。

ソールのザラザラな毛羽立ちの原因

スノーボードのソールを触ってみると、ザラザラしていて毛羽立っている場合は、ベースバーンが原因になっていることがあります。

ベースバーンとは、滑走による摩擦や熱で、スノーボードのソールの素材が変質して毛羽立つことを言います。アイスバーンや汚れの混ざった春雪を滑走すると、ソールが傷付きやすくなります。特に、負荷がかかるエッジ付近が毛羽立ちやすいです。

Sponsored Links

ソールが白く毛羽立った時の応急処置

スノーボードのソールがザラザラに毛羽立った時は、スクレーパーで削り取っていきます。

スクレーパーで綺麗に削るためには慣れが必要なので、コツを掴むまでは軽い力で少しずつ削ってくと良いでしょう。削り過ぎることが心配な方は、事前にワックスを塗り足してからスクレーパーをかけると安心です。

スクレーパーで削る時は、ソールの毛羽立った部分をスノーボードのノーズからテール方向に向かって削ることがポイントです。スクレーパーの使い方は、引いて削るのではなく、スクレーパーの角を立て押して削ります。

手作業でメンテナンスするのは限界があるので、ソールの毛羽立ちが酷い場合は、専門店などにチューンナップを依頼すると良いでしょう。

スクレーパー

created by Rinker
ガリウム(GALLIUM)
¥990 (2024/04/18 17:15:55時点 Amazon調べ-詳細)
PR

簡単にできるメンテンナンス方法

スノーボードのソールのメンテナンスは、本格的にやろうと思うと時間と手間がかかるので、ここでは手軽にできる簡単なメンテナンス方法を紹介します。

1,クリーニング

スノーボードのソールのメンテナンス方法は、まずは、リムーバー液(クリーナー)をキッチンペーパーに付けて、ソールの汚れや古いワックスを拭き取っていきます。

この時注意しておきたい事は、あまり拭き過ぎないということです。ワックスがないソールの部分にリムーバー液が付いてしまうと、ソールの素材自体を傷めてしまう恐れがあるので気を付けてください。

Sponsored Links

2,ワックス

クリーニングが済んだら、次はスノーボードのソールに滑走する雪質に合ったワックスを全体的に塗っていきます。ワックスを薄く塗り広げていくことがポイントになります。

3,仕上げ

ワックスが乾いたら、コルク、ブラシ、ファイバーテックスの順に使って磨いていきます。スノーボードのノーズからテール方向に向かって磨き上げることがポイントです。

スノーボードのメンテナンス道具セット

created by Rinker
ガリウム(GALLIUM)
¥3,218 (2024/04/18 22:02:38時点 Amazon調べ-詳細)
PR

春雪・シャバ雪対策ワックス

created by Rinker
ガリウム(GALLIUM)
¥1,191 (2024/04/18 12:42:09時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

スノボでシャバ雪でもカービングできる滑り方のコツ

スノボの中級者とはどのくらいのレベル?

ファイヤースターターの寿命は?保管方法はどうする?

自転車の虫ゴムが中に残る!バルブコアが入らない時は?

イカ釣りでエギの色は関係ない?使い分ける必要あるの?