スキー・スノボのグローブは洗濯できるの?臭い時の洗い方を紹介!

スキーやスノーボードのグローブを長年使っていると、中が汚れて臭いことがよくあります。そもそもグローブを洗濯しても大丈夫なのでしょうか?本記事では、スキーやスノーボードのグローブの洗い方と撥水方法について紹介します。

Sponsored Links

スキーやスノーボードのグローブは洗濯しても大丈夫?

スキー,スノボ,グローブ,洗濯,臭い,洗い方,画像

スキーやスノーボードのグローブには、ゴアテックスと呼ばれる防水素材が採用されており、グローブの生地の中にゴアテックスのフィルムが入っていることが多いです。

ゴアテックスは、防水性と透湿性に優れた素材なのですが、グローブの中で汗をかくと、皮脂がゴアテックスのミクロの穴に詰まって透湿性が失われ、グローブの中が臭くなることがよくあります。

Sponsored Links

スキーやスノーボードのグローブは汚れることが当たり前のスポーツ用品なので、大抵のグローブは洗濯できる仕様になっていることが多い。スキーやスノーボードのグローブは、ナイロン製品と革製品がありますが、革製のグローブであっても洗濯できるものが多いです。

ただし、中には洗濯不可のグローブもあるので、洗う前に必ず洗濯タグを見て、洗濯可能なグローブであることを確認する必要があります。

スキーやスノーボードのグローブの洗い方

洗濯作業

created by Rinker
ニクワックス(NIKWAX)
¥1,380 (2024/02/26 09:51:47時点 Amazon調べ-詳細)
PR

まずは、グローブの洗濯タグを見て水洗い可能かを確認します。グローブが洗濯可能でしたら、ぬるま湯を入れたバケツなどの容器にグローブを浸し、生地にこびり付いた汚れを浮かせます。

次に、バケツからグローブを取り出し、クリーニングジェルをグローブに塗ります。そして、汚れの酷いところはスポンジなどで軽く擦り洗います。

その後、再び水の入ったバケツにグローブを入れて、水が透明になるまですすぎます。

洗濯の際の注意点

スキーやスノーボードのグローブは、生地の中にゴアテックスのフィルムが入っているので、このフィルムを破かないように、優しく揉み洗いすることがポイントです。

ここで紹介しているクリーニングジェルがあると便利ですが、オシャレ着用の中性洗剤でも代用できます。

Sponsored Links

撥水作業

created by Rinker
ニクワックス(NIKWAX)
¥973 (2024/02/26 09:51:48時点 Amazon調べ-詳細)
PR

洗濯作業が終わったら、グローブ全体にグローブプルーフを塗ってから、タオルで余分な撥水剤を拭き取っていきます。

最後に、風通しの良い日陰でグローブを乾かして全部の作業が完了になります。

撥水の際の注意点

ここで紹介しているグローブプルーフは、ナイロン製グローブと革製グローブの両方に使える撥水剤です。

革製グローブは乾燥すると縮むので、生乾きの時に一度グローブに手を入れて革を伸ばしておくと良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

スノーボードのソールのワックスが白くなる!ザラザラに毛羽立つ原因は?

スキーの上級者とはどのくらいのレベル?

キャンプで手元が暗い時はランタンスタンド付きテーブルがおすすめ!

自転車の泥除けが割れる原因や凹みの修理について

クロソイとクロメバルの違いや見分け方