犬が口の周りを痒がる(赤い・できもの・ただれ)痒い口の周りをペロペロする原因とは?

犬が口の周りを痒がる(赤い・できもの・ただれ)痒い口の周りをペロペロする原因とは?

最近、愛犬がアレルギー症状に悩まれるケースが多くみられます。

皮膚に現れるアレルギー反応の主な症状は、「激しい痒み」「皮膚の赤いただれ」「できもの」などです。

特に愛犬が自分の口の周りを痒がる症状が多くみられます。

痒いからといって頻繁に口の周りをペロペロすると、周りの毛まで抜けてしまい、見るにも可哀そうな状態になってしまいます。

その他にも犬のアレルギー反応は、口の周りを痒がるだけではなく、目の周りを痒がり周辺の毛が抜けてしまうということもよくある症状です。

愛犬が痒がっている様子がなくても、次のことを確認してください。

□ 口の周りが赤くただれていないか?
□ 炎症が治りかかって茶色になっていないか?
□ できものができていないか?
□ 毛が抜けていないか?

アレルギー症状の原因

犬-口の周りを痒がる-赤い-できもの-ただれ-痒い-口の周りをペロペロする-原因-痒み画像

アレルギーの主な原因は、化学物質を含む食べ物や栄養の偏った食事にあります。愛犬にとって毎日の食事はとても大切です。

その他にも、不適切な食べ物によって愛犬に悪影響を及ぼす症状は、次のようなことがあります。

□ 量が多い。
□ 毛並みがパサパサ。
□ うんちがゆるゆる・カチカチ。
□ 口臭・体臭がある。
□ 頻繁に食糞をする。
□ 涙やけがある。
□ 体を痒がる。
□ フードを食べない。

あなたの愛犬に、こんな症状はありませんか?その原因がドッグフードにあるかもしれません。

愛犬が毎日食べるドッグフードは、その子の健康にダイレクトに影響します。

無添加でないフードの原材料には、愛犬の健康を害する可能性がある・・・

× 人間の食用にならない肉の副産物(被毛、羽根、ひづめなど)
× 低品質な穀物を多く混ぜている
× 健康に悪影響を及ぼす化学物質

最近では、免疫バランスの乱れやアレルギーで悩む愛犬が多く見られるようになりました。

犬が自分の口の周り痒がる症状もその1つです。

悪化すると口の周りがただれて皮膚が赤い状態になります。

炎症で赤くただれた皮膚から細菌が入り込むとできものができる原因になります。

免疫バランスの乱れからできものができてしまうこともあります。

これらの症状は、人の場合と同じように、食品に含まれる添加物が主な原因の1つと考えられます。

人間の場合も同じことが言えますが、病気には、単に症状を薬で抑える対症療法ではなく、根本となる食生活を見直すことが大切です。

愛犬が口の周りを痒がる場合は、まずは獣医さんの診断を受けることが大切です。

それと同時に愛犬の食事を健康的な無添加ドッグフードに切り替えてあげることも良いでしょう。

ただし、急にフードを変更すると愛犬が食べなくなってしまうという事例があります。

ドッグフードの切り替えるは、最初は新しいドッグフードと今まで食べていたフードを混ぜ合わせて与え、徐々に割合を変えて切り替えていくようにしましょう。

無添加ドッグフードはコチラ>>>アランズ ナチュラルドッグフード
100%無添加のプレミアムドッグフード

無添加ドッグフードは他のフードとどう違うのか?

無添加ドッグフードには、もちろん人工添加物を一切使用していないフードです。

愛犬の健康を考えて配合されるビタミン・ミネラル類には、消化のよい野菜やハーブを使用しているが多く、また、ビタミン類は熱に弱いため、それらを損なわないような加熱処理をしている。

ドッグフードの種類にもよりますが、使用する肉は健康に良いラム(子羊)肉を使っているケースが多い。

普段から買っているフードの原材料を確認!

犬-口の周りを痒がる-赤い-できもの-ただれ-痒い-口の周りをペロペロする-原因-子犬の食事-画像

愛犬が口の周りを痒がる。口の周りがただれて赤い。でもなぜドッグフードをかえる必要があるのか?

普段から買っているフードの原材料を注意深くご覧ください。

たとえば安価なフードは価格を抑えるために、人間の食用にならない肉の副産物(被毛、羽根、ヒヅメなど)や低品質な穀物を多く混ぜていることがあります。

安価な肉はともかく、愛犬が食べるフードに羽根やヒヅメが入っているのは可哀そうな気がします。

原材料にワンちゃんの健康に悪影響を及ぼす化学物質が含まれていた場合、そのフードを食べ続けることで化学物質が体内に蓄積し、アレルギーなどの深刻な問題を引き起こす恐れがあります。

フードを与えてからしばらく時間が経っているのに、口の周りをペロペロする場合は、皮膚がただれていないか確認しましょう。

手作りドッグフードの落とし穴

手作りフードの場合は、何を材料に使っているのか明確に分かるというメリットがあります。

手作りのフードであれば、犬が口の周りを痒がる、口の周りがただれて皮膚が赤い、できものができるといった症状の原因となる、化学物質を含んだフードを与えないで済む場合もあります。

しかし、手作りフードで愛犬に必要な全ての栄養素を完璧に与えることは非常に困難です。

特に、手作りで食事を与えると、肉類などのタンパク質が不足する傾向があります。

タンパク質は、犬の毛や爪など体を作るための基本となる栄養素です。

タンパク質が不足すると、毛並みがパサパサになってしまいます。

たとえ専門知識があったとしても、栄養バランスが整った手作りフードを作り続けるのは、とても大変なことなのです。

栄養のバランスが良い信頼できるドッグフードをメインに与えて、手作りフードはときどきに与える程度に留めておいたほうが、愛犬の健康にとって良いと考えられます。

無添加ドッグフードに切り替えると、どんな良い事があるのか?

無添加ドッグフードに切り替えたからといって、必ずしも良い変化があるとは限りませんが、良質な肉類やビタミン・ミネラル類の効果で次のような嬉しい変化が期待できます。

<愛犬のウンチの質が良くなる>

フードの質が改善されると、それに伴いウンチの質も改善されることがあります。

以前は、ゆるめのうんちだった愛犬が、手に持てる程の固さに変わると、後片付けが簡単になったり、肛門周りが汚れないので助かります。

<愛犬の毛並みが良くなる>

食事の改善はアレルギー対策だけでなく、愛犬にとって栄養バランスの良い食生活に変わると、ふわふわとした健康的な毛並みになるケースがあります。

<愛犬のダイエット>

食事の栄養バランスが改善されると、それに伴いダイエット効果が得られるケースがあります。

ただし、与えるフードの量が多過ぎると効果は期待できないと思われます。

無添加ドッグフードには、肉類による良質なタンパク質とビタミン・ミネラル類など栄養がバランス良く含まれているので、適量の食事であれば、愛犬の健康的なダイエットが期待できます。

良い食事を続けることで、愛犬の良い変化が期待できます。

愛犬がもっと元気になれば、一緒にいる時間も楽しくなります。

無添加ドッグフードはコチラ>>>イギリス産『アランズ ナチュラルドッグフード』

犬が口の周りを痒がる(赤い・できもの・ただれ)痒い口の周りをペロペロする原因とは?