太陽光発電のメリット・デメリット!ソーラーパネルの新築は何年でもとがとれるの?

太陽光発電のメリットとデメリット!ソーラーパネルの新築は何年でもとがとれるの?

自然環境への配慮や災害対策としても注目を集めているのが、自宅での太陽光発電です。

ソーラーパネルを設置している家庭は年々増加傾向にあり、全国で230万戸を超えています。

今回の記事では、太陽光発電のメリットとデメリットについて紹介していきます。



Sponsored Links









自家発電は停電の時に役立つ

自宅の屋根などに設置したソーラーパネルで発電していると、停電などの緊急時でも問題なく暮らすことができます。

通常は停電の時は、部屋のコンセントが使えなくなりますが、自家発電しているとソーラーパネルによって発電した電気が使える専用のコンセントが設置してあります。

自家発電している場合は、蓄電池が設置されているので、日中に太陽光発電した電気を溜めてことができ、夜も蓄電池を使うことで部屋に灯りをつけることができます。

ただし、どの家電製品が何ワット使っているか分からないものもあるので、電気を多く使いそうなエアコンや冷蔵庫などには緊急時の電気は使いにくい。

たくさん電気を使いそうな家電を使ってみて、数分で溜めていた電気を使い切ってしまったら、緊急時には困る。

ソーラーパネルを設置していると、停電の時でも焦ることなく復旧を待つことができるというメリットがあります。



太陽光発電-メリット-デメリット-ソーラーパネル-新築-何年でもとがとれる-画像

ほぼ全家庭が再エネ発電賦課金を毎月支払っている

太陽光発電と省エネを組み合わせることで、電気代が実質ゼロになることもあるそうです。

自家発電する家庭が増えている背景には、太陽光発電や風力発電などを勧めている国の方針があります。

実は、再生可能エネルギーの普及のため、自家発電していなくても、ほぼ全家庭が「再エネ発電賦課金」を負担しています。

この金額は、消費税1%くらいに相当する額を支払っているとも言われています。

自分が支払っている金額は、電気代の請求書を確認してみると分かります。

状況にもよりますが、毎月500~1000円くらいは再エネ発電賦課金として支払っていると思います。



Sponsored Links





太陽光発電 + 省エネ

太陽光発電と言うと、1枚が大きなソーラーパネルを想像しがちですが、今は1枚が小さな瓦型で屋根と一体化したソーラーパネルもあります。

1つ1つのソーラーパネルが小さいので、屋根の形に合わせて隙間なく敷き詰められるので、より多くの発電が可能になります。

家の設計も、複層ガラスなどで気密性を高めた省エネ仕様になっていたり、さらにはガスを利用してお湯を沸かしながら電気をつくる設備も備えていると、実質電気代ゼロに近づいていきます。

家で使う電気を全部賄えている場合、日照時間が長いと自宅で全部の電気を使いきれないこともあります。

その時は、余った分を電力会社に買い取ってもらうこともできます。


電気代ゼロ「ZEH(ゼッチ)」は何年でもとがとれるのか?

電気代ゼロの家を「ZEH(ゼッチ)」と言い、これは「Z(ゼロ)E(エネルギー)H(ハウス)」の略です。

ZEHの家を新築するための費用は年々安くなっていますが、従来の新築費用に加えて電気代ゼロの家にすると200万円ほどかかると言われています。

ところが電気代がかからなかったり、余った電気を電力会社が買い取ってくれたり、国から補助金(2013年で廃止)を貰えたりするので、いずれは元がとれると言われています。

まずはZEHの家を建てると国から70万円ほどの補助金(2013年で廃止)を貰うことができます。2018年現在は廃止されているので初期費用がかかるデメリットとも言えます。

そして、4人家族の場合の年間電気代は約14万円ほどですが、この電気代がゼロになるメリットがあります。

余った電気は、電力会社が買い取ってくれるので、天候にもよりますが、年間3万円ほどの利益があります。これもメリットです。

電力会社と一度契約すると10年間は同じ価格で電気を買い取ってくれる固定価格買取制度というものがあります。

これらのことを踏まえて、以前は、電気代ゼロの家を新築してから約10年ほどで元が取れると考えられていました。

ただし、国からの補助金制度は、補助金なしでも普及が進む状態となったことが理由で、2013年を最後に廃止になりました。

また、ソーラーパネルや蓄電池などの自家発電に必要な機材の価格が、年々安くなっているので、それに伴い電力会社が買い取ってくれる電気の価格も安くなる傾向があります。

つまり、自家発電による利益が変動しているので、そのへんを見極める必要があります。



太陽光発電-メリット-デメリット-ソーラーパネル-新築-何年でもとがとれる-作業-画像

売電契約が切れる10年後はどうなるの?

固定価格買取制度より、自宅発電した電気を10年間は電力会社が決まった金額で買い取ってくれますが、10年が経ち売電契約が切れた場合は、自由契約になります。

その場合は、自分で電気を売るための電力会社を探して契約する必要があります。

10年後に契約が切れてからの買い取り価格は、固定価格買取制度に基づいた価格よりも、かなり低い金額になるというデメリットがあります。

そもそも自家発電に必要な機材の価格が、年々安くなってきているので、電力会社が買い取ってくれる電気の価格も安くなる傾向にあります。

太陽光発電のメリットとデメリット!ソーラーパネルの新築は何年でもとがとれるの?



Sponsored Links









おすすめの記事

一人カラオケは何時間?ベストな時間帯は?ヒトカラ歓迎の専門店の魅力などを紹介!

煮干し出汁の取り方!簡単水出しや粉末の作り方を紹介!

女性が小指に指輪をする意味は?恋愛運UPのためには右手?左手?

通販で服のサイズ間違いを防ぐ方法やお店の服選びで失敗しない試着方法などを紹介!

損害保険募集人一般試験の難易度・合格点・合格率は?資格の有効期限を紹介!



Sponsored Links







【PR】英会話スクールのNOVA!まずは無料体験レッスン!



NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカー。厳しい採用基準をクリアした外国人講師&長年のノウハウを生かしたNOVAのレッスンをぜひ体感して下さい。

「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方にもお勧めです。

まずは無料体験レッスン!カウンセラーより現在の語学力・学習方法等をお伺いさせて頂き、レッスン後には、上達に向けたアドバイスや最適なレッスンプランなどをご案内致します。

詳しくはコチラ>>>駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!


【PR】入会金・年会費が無料!お客様感謝デーは5%OFFでお買い物!



イオンカードセレクトは、「クレジットカード」+「イオン銀行キャッシュカード」+「電子マネーWAON」の3つが1枚になったカードです。

入会金・年会費が無料!毎月行われるお客様感謝デーには5%OFFでお買い物ができるお得なカードです。
(イオンネットスーパーでのご利用は対象外となります。一部対象外店舗、対象外商品がございます。)

クレジットカードのご利用金額に応じて「ときめきポイント」がたまります。
たまったポイント数に応じて素敵な商品や電子マネーWAONポイントに交換してお買い物に使えます。

普通預金金利、他行ATM入出金・他行宛振込手数料がお得!
イオンシネマの映画料金がいつでも300円割引!

詳しくはコチラ>>>イオンカードセレクト


【PR】最新エンタメを24時間フルタイムハイビジョンで楽しむ!



『WOWOWプライム』『WOWOWライブ』『WOWOWシネマ』の3つのチャンネルが見放題!
月間300本以上の映画や海外ドラマを始め、スポーツやライブ、アニメ、舞台などを思う存分楽しめます。

『WOWOWプライム』・・・選りすぐりの番組が集まるWOWOWのメインチャンネル
『WOWOWライブ』・・・観客席の感動と興奮をお届けするライブ専門チャンネル
『WOWOWシネマ』・・・初放送タイトルが年間700本の24時間映画専門チャンネル

初期費用・加入料が不要!加入月は視聴料無し!(視聴料は加入翌月から発生します。)
「最新の映画を毎日見たい」「生中継のライブやスポーツを高画質な映像で楽しみたい」そんな方にオススメです!

詳しくはコチラ>>>WOWOW_新規申込



Translate »