映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」公開日に観てきました!エンドロールの後に・・・

夏といえば恐竜?ということで、ジュラシック・パーク・シリーズ最新作の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました。

この映画は、前作「ジュラシック・ワールド」の続編となる作品なので、できれば前作を観てからの方が、より楽しめるのではないでしょうか。

私は、恐竜とか生物の進化とか考古学とか大好きなので、前作はおろか1作目から全部見直してから最新作を映画館で観てきました。(私は絵画が専門の学芸員なのですが、資格を取得する際に考古学は必修科目でした。)

第1作目「ジュラシック・パーク」(1993年)
第2作目「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(1997年)
第3作目「ジュラシック・パークIII」(2001年)
第4作目「ジュラシック・ワールド」(2015年)
第5作目「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年)

第4作目の「ジュラシック・ワールド」と第5作目の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の物語が直接つながっている。



ジュラシック・ワールド-炎の王国

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」あらすじ

あの大参事から3年、大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は放棄され、恐竜たちは大自然で自由に生活を始めていた。しかし、島で火山噴火の予兆が…

出典元:映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト

「炎の王国」は続編でもあるので、前作の「ジュラシック・ワールド」の内容をざっくりと説明すると、島に作った恐竜のテーマパークで、恐竜たちが脱走して観光客を襲って大パニックになり、もう手に負えないので島ごと恐竜たちを放置して逃げたというのが前作のお話。

最新作の「炎の王国」は、それから3年後に恐竜たちの島で火山噴火の予兆があることが分かって、このままだと恐竜たちが絶滅してしまうのでは?というお話。

夏休みに公開の恐竜映画ということもあって、ちびっ子が喜びそうな内容なのかなと思っていたら、恐竜を絶滅危惧種として保護すべきと訴える団体がでてきたり、遺伝子操作した恐竜で兵器化を企む人達がでてきたり、意外と大人も楽しめるような内容でもありました。

映画の一番の見どころは、火山の噴火シーンです。

火山の噴火で逃げ惑うたくさんの恐竜たちが、スクリーンの奥から観てる私たちに向かて猛ダッシュしてくるので、映画館の大きな画面で観ると臨場感が半端ないのです。


恐竜は本当に滅んでしまったのか?

唐突な質問ですが、恐竜は本当に滅んでしまったのでしょうか?答えはNOです。

恐竜は鳥類に進化し、現在も命を繋いでいます。(これについては諸説あり)

ですから、肉食恐竜の鳴き声は、怪獣のように「がおぉぉぉ!」ではなく、鳥の鳴き声を野太くしたような感じだったのではないかと、勝手に推測してみると面白い。

これはあくまで推測でしかないので、本当は高い声だったかもしれないのですが・・・体が大きいからといって声が低いとは限らない、大きな体のお相撲さんが驚くほど声が高いことってあるでしょ???(例えが変)

とにかく、映画では肉食恐竜と草食恐竜の鳴き声が違っていて、とても工夫されているので、注意して聞いてみると面白いかもしれません。

恐竜が鳥類の先祖だとしたら、恐竜も鳥のように鳴き声でお互いにコミュニケーションがとれた種類がいたはずです。

映画では、ラプトルという恐竜が仲間同士でコミュニケーションがとれる種類で、そのラプトルの中でも人間と打ち解けることができた「ブルー」という名の恐竜を巡って物語が展開していきます。


T-レックスは敵か?味方か?

T-レックス(ティラノサウルス)は、史上最大級の肉食恐竜で、まさに恐竜の王様と言える存在です。

そんな最強の肉食恐竜が、人間たちがピンチの時に突然現れて、人を襲ってくる恐竜だけをガブリっと一掃して去っていく。

T-レックスはヒーローのような存在で描かれているのです。

「炎の王国」では、銃弾で撃たれたブルーに輸血が必要な時に、T-レックスが血液を提供するというシーンもあります。

余談ですが、恐竜というと、T-レックスのような肉食恐竜のイメージが強いですが、実は、出土している恐竜の化石は、肉食恐竜よりも草食恐竜の方が圧倒的に多い。

8割くらいは草食恐竜だったと推測されています。

そのことについて、映画では女の子が「草食恐竜ばかり」とサラッと言っているシーンがあって、とても興味深かった。


映画館で観る恐竜は、ほぼ原寸サイズ!

最新作の「炎の王国」の映像は、とにかく大迫力で、肉食恐竜はとにかく腹ペコで人間を襲ってくる。

スクリーンに恐竜が登場するたびに、私は体をのけ反りながら映画を観ていました。

映画館の大きなスクリーンのサイズで登場した恐竜はほぼ原寸大で、しかも高度なCG技術で描かれているので、まるでジュラ紀に本物の恐竜と遭遇したようなリアリティーなのです。(本物は骨しか見たことないけど・・・)

恐竜のシーンは圧巻で「炎の王国」は、体全体で楽しむような体感型の映画。

できれば全身で楽しめる4Dで観たかったのですが、公開日に観に行ったせいか4Dは満員御礼で観れませんでした。残念です。


エンドロールの後に・・・

ネタバレになってしまうので、詳しい内容は言えないのですが、エンドロールの後に物語の続きを予感させるようなシーンがあります。

ここでは、本当の「ジュラシック・ワールド」が始まってしまうとだけ言っておきましょう。

本編が終わっても立たずにエンドロールの最後までご覧ください。



≪この記事を書いたライターさんのプロフィール≫

ライター名:すず

美大卒学芸員のアート系ライターです。
以前は、マニアックな古い映画ばかり観ていましたが、ある日、突然「いまを生きる」のだ!と思い立ち、新しい映画もちょいちょい観るようになりました。
ここでは最新の話題作を中心に映画レビューを書かせていただいてます。
好きな映画:タルコフスキーの『ノスタルジア』、ジュネ&キャロの『デリカテッセン』、ベネックスの『ディーバ』、『不思議惑星キン・ザ・ザ』『カリガリ博士』『逆噴射家族』『博士の異常な愛情』…良い映画が沢山あるので全部書ききれない。



【PR】




Translate »