換気扇とガスコンロの掃除方法!重層・洗剤つけ置きで効果的に汚れを落とす!

キッチンの嫌な臭いの元は、換気扇とガスコンロにこびり付いた油汚れです。しかし、長い間放置してしまった頑固な汚れは落ちにくいものです。

今回は、そんな頑固な油汚れを効果的に落とす掃除方法を紹介します。

Sponsored Links

換気扇の掃除

キッチンの臭いを外に排出するためには換気扇を活用すると効果的です。しかし、フィルターに汚れのたまった換気扇は正常に機能しないことがあります。そればかりか、内部にこびり付いた油汚れから悪臭が発生することもあります。換気扇は定期的に掃除することが大切です。

換気扇のフィルターに頑固にこびり付いた油汚れを落とすためには、浸け置き洗いが有効です。

Sponsored Links

まずは2重にしたビニールのゴミ袋をシンクに置き、その中に換気扇から取り外したフィルターを入れます。そして、アルカリ性洗剤を適量加えて、約60℃ほどのお湯をフィルターがひたひたに浸かるまで入れます。後はゴミ袋の口を縛り、お湯が冷めるまで浸け置きます。

浸け置きが終わったら、フィルターを取り出してブラシで軽く磨いて汚れを落としていきます。油まみれで根詰まりを起こしていたフィルターの油汚れを落とせば、空気の流れが良くなり、本来のフィルターの役割を取り戻します。

換気扇にこびり付いた油汚れは酸性の汚れなので、その反対の性質をもつアルカリ性の洗剤を使うとよく落ちます。まずは、アルカリ性洗剤を汚れに塗布します。そのまま15分ほど放置した後に、布やキッチンペーパーなどで拭き取るときれいになります。頑固な汚れはスポンジで軽く磨くと落ちやすいです。

Sponsored Links

ガスコンロの掃除

五徳などガスコンロの外せるパーツを取り除いて、アルカリ性洗剤とお湯を入れたゴミ袋の中で浸け置きします。お湯が冷めるまで浸け置きをしたら、五徳を取り出してブラシやスポンジなどを使って油汚れを取り除いていきます。

 
換気扇,ガスコンロ,掃除方法,重層,洗剤,つけ置き-画像1
 

魚焼きグリルは、魚をのせるものなので、洗剤ではなく重層を使ってきれいにしていきます。重層は油汚れを分解して消臭効果が期待できます。

魚焼きグリルをビニールのゴミ袋に入れて、その中にお湯と重層を入れて浸け置きします。お湯1ℓに対して重層大さじ2~3杯が目安です。浸け置き後はブラシやスポンジを使って油汚れを落としていきます。

コンロにこびり付いた油汚れをヘラを使って軽く擦り落としていきます。頑固な油汚れに軽く傷をつけて、その中に洗剤を浸透させるためです。

その後、アルカリ性洗剤をコンロ全体に塗布して15分ほど放置します。その後、ブラシやスポンジを使ってコンロを磨きます。

Sponsored Links

おすすめの記事

料理をしない夫を変えるコツ

美味しいトーストの焼き方!中がもちもち食感にする方法を紹介!

女性が小指に指輪をする意味は?恋愛運UPのためには右手?左手?

キッチンのベタベタ床の掃除方法

Tシャツのヨレヨレ対策(洗い方・干し方)ヨレたTシャツを復活させる方法