水漏れのサインと給水管の老朽化

地面の中に埋まっている給水管の老朽化により水漏れが起こると、知らず知らずのうちにどんどん水が流れ出てしまい、高額な水道代を見て初めて気付くということがあります。

金属製の給水管は、30年ほど経つと脆くなって穴が空くなどして、水漏れが発生することがあります。配管に穴が空いたまま使っていると、水圧でどんどん穴が大きくなり、それに応じて水道代も高くなってしまいます。

中には、壁裏などの給水管が破損し、内装工事が必要になって、多額の費用が発生する事態になることもあります。

Sponsored Links

水漏れのサイン

まずチェックしておきたいのが水道メーターです。水道メーターにはパイロットと呼ばれる丸い金属製のパーツがあり、このパーツが回っていると水が流れ出ているサインです。

水道を使っていないにもかかわらず、パイロットが回っている場合はどこかで水漏れが発生している可能性があります。

水漏れは給水管のつなぎ目で起こりやすく、給湯機などには、つなぎ目にゴム製のパッキンが使用されているので、ゴムの劣化によってしっかりとつなぎ目を締めることができずに、水漏れが発生していることもあります。パッキンなどの細かい部品は劣化しやすく、10年ほどで劣化してしまうこともあります。

Sponsored Links

また、雨が降っていないのに、地面が湿っていたり、濡れている状態は、水漏れのサインです。地中にある給水管の老朽化により、つなぎ目が傷んだり穴が空いたりして水漏れが発生している可能性があります。

水漏れがあるまま放置してしまうと、どんどん給水管の穴が大きくなり、さらに水道代が高くなる恐れがあるので、とにかく水漏れは早めに対処することが大切です。

水漏れのサイン-給水管の老朽化-画像

早く水漏れに気付くためには、水道メーターがある場所を知っておく必要があります。各家庭によって水道メーターがある場所は異なりますが、たとえば、一軒家の場合は建物の外の玄関の近くにあることが多い。マンションの場合は、玄関の横にある扉の中に水道メーターがあることが多い。事前に水道メーターの場所を確認しておきましょう。

公道の下に水道管があり、そこから各家庭に給水管が伸びていてその間に水道メーターがあります。水道管から水道メーターまでは水道局が管理しますが、水道メーターから家までは所有者が管理することになっています。

Sponsored Links

給水管の老朽化

給水管は30年ほど使用すると内部に錆が発生して溜まりやすくなります。錆びた鉄製の給水管を流れる水を飲んでも健康を害することはありませんが、中には古い鉛製の給水管を使用している場合は注意が必要です。

鉛製の給水管は、昭和8年から昭和58年まで全国で使われていましたが、1994年から健康上の理由で新築での使用は禁止されています。しかし、古い建物では今でも使われているところもあり、水道を使用する前はしばらく水を流してから飲み水にするなどの対策がとられています。全国に約300万世帯がまだ鉛製の給水管を使用していると言われています。

水漏れのサイン-給水管の老朽化-古い蛇口-画像

鉛製の給水管の場合、通常の使用状態では、厚生労働省の水質基準に適合しているので問題はありませんが、長時間使用していないと、水道水が管の中に滞留して水質基準を超える鉛が溶け出すことがあります。

朝起きて最初に水道水を使用する時など、しばらく水道水を使用していない場合は、念のためにバケツ1杯程度の最初の水は、飲み水以外に使用するように心掛けましょう。

自治体によっては鉛製の給水管の交換に補助金制度があるところもあるので、まずは水道局に相談をして自分の家の給水管が鉛製なのかを確認してもらうと良いでしょう。

水道の緊急トラブル対応はこちらです。
水道トラブル対応【水道修理屋】

Sponsored Links

おすすめの記事

美味しいトーストの焼き方!中がもちもち食感にする方法を紹介!

休みボケを治す!連休ボケから仕事モードにする解消法!

座右の銘にしたい四字熟語一覧!意味がかっこいいのはコレ!

Tシャツのヨレヨレ対策(洗い方・干し方)ヨレたTシャツを復活させる方法

【親の介護の始め方】まずは要介護認定を受けてみよう